« ☆アモラ・クァン・イン逝去 | トップページ | ☆自然はすばらしい♪ »

2013年7月 3日 (水)

☆田植え

先日、田植えを行ってきました。

 

 

自宅の近くの田んぼを借りたのですが、そちらは間に合わず大豆畑にしようと思っています。

そして先月に三重県と奈良県の県境の赤目自然農塾に行き、

そちらでも小さな田んぼを貸して頂きました。

Dscf1339

そして運が良いことに、苗が余っており使って良いとのこと。

今年はこちらの小さな田んぼで来年に向けて練習です。

一般的に現在の田植えの時期は4月下旬前後ですが、

自然農では6月下旬ごろに田植えを行います。

うちの近くのおばあちゃんに聞いたところ、昔は6月下旬に田植えを行っていたそうです。

それが何故早まったのか?

皆さん台風を避けるためと言っておりますが、

元を正せば、新米を早く出荷するためには早く田植えをする。

そのためには、温室で苗を早く育てる。

温室育ちの軟弱な苗だから台風が来れば倒れる。

と悪循環となっています。

そして色々調べていると、お米が出来たあとにそのワラを畑に戻します。

そしてそのワラを来年の田植えが始まる少し前に、土の中にすき込みます。

そうすると何が起こるか?ご存知でしたか?

大量のメタンガスを田んぼで発生させるとのこと。

ですので、今の農法をすればするだけ、メタンガスを大量に発生させてしまうそうです。

200万ヘクタールの田んぼからは約6000万トンの膨大な量のガスが発生するとのこと。

こんなこと話題になりませんよね?

機械で耕すことで早く、効率良く、楽に出来るようになりましたが、

地球の環境に悪影響を及ぼしているとは誰も考えていません。

昔ながらの方法は効率は悪いですが、自然と調和しながら、理にかなったことをしているんですね。

そんなことで自然農では手作業の田植えとなります。

 

借りた田んぼは草ぼうぼうでしたので、まずは草刈からです。

 

Image

釜で草を刈って、草刈終了!

 

Dscf1340
そして苗を1本1本植えていくのですが、普通の田植えとはちと違います。

泥の中ではなく、まだ冠水していない土の上に苗を植えていきます。

土の上の草を刈るだけで土は耕しません。不耕起です。

そして刈った草を戻します。

Dscf1343

そして回りに水を引く調整をして終了です。

お昼まえから草刈を開始して、終了すると19時まえになっていました。

どんな風に育っていくのか楽しみです。

来年は広い田んぼで行いますよ♪

Dscf1347

 

Dscf1346

 

 

今日もお読み頂きありがとうございます。

 

愛と光を込めて☆

∞∞∞ スピリチュアル・ツアー ∞∞∞

S420_2013shasta9_6
定員に達しましたが、残り1名追加募集致します!

詳細はこちら→ 2013シャスタツアー秋

∞∞∞ レムリアン・ライフ・スクール ∞∞∞

190s_remulianhealing_2
古代レムリアの愛と調和のヒーリング!

 

詳細はこちら →レムリアン・ヒーリング認定 レムリアン・ヒーラー養成コース

191s_shindscf8177_3

スピリチュアル性を高め、オーラとあなた自身を輝かせるセルフ・ヒーリング術!

詳細はこちら → 聖なる愛のヒーリング講座

190s_siawase

意識をポジティブに変化させる!

詳細はこちら → 幸せの流れに繋がるスピリチュアル・レッスン!

∞∞∞ アンディ・レイキギャラリー ∞∞∞ 

アンディ・レイキ正規取扱店

S_banerjitopred

詳細はこちら HP:http://andrew.i-am-love.info

150s_blog_logo_3
HP:http://i-am-love.info

すべては素てき☆

トビー

|

« ☆アモラ・クァン・イン逝去 | トップページ | ☆自然はすばらしい♪ »

自然農」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802883/52293434

この記事へのトラックバック一覧です: ☆田植え:

« ☆アモラ・クァン・イン逝去 | トップページ | ☆自然はすばらしい♪ »